医院名 さかい歯科
住所 916-0041
福井県鯖江市東鯖江1-5-21
電話番号 0778-52-8119
診療時間 09:00~12:30
13:30~18:00
休診日 木曜・日曜・祝日
※祝日のある週の木曜日は診療します
http://www.sakai-shika8580.com/

このホームページはスマートフォンでもご覧いただけます

オールセラミック セレック/CEREC

CEREC AC(セレック AC)

CEREC AC(セレック AC

追い求めたのは更なるリアリティー


オールセラミックの白い歯で自然な笑顔を。  


あなたのお口、本来の色に戻しませんか?  

CEREC(セレック)とは、従来高額なオールセラミックの修復物を院内で作成することによって、短時間・低コストで患者様に提供できるシステムのことです。

セレックの特長

特徴1

規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても高い耐久性を持ちます。

15年後の残存率を調べた臨床研究によれば、通常の治療では約68%なのに対し、セレック治療は約93%と非常に高い結果を出しています。


特徴2

セレック治療では修復物を歯科医院で作製するため、歯科技工所に依頼することがありません。

人件費を削減できるため、比較的リーズナブルにご提供できるのです。


特徴3

金属でなく上質なセラミックを使っているので、自然で美しい見た目を実現できます。

もちろん金属アレルギーの心配もありません。


セラミック(メタルボンド)とセレックの違い

メタルボンドとは金属の裏打ちの上にセラミックを焼き付けて作る被せもの。

強度もあるため、従来この方法が用いられてきましたが、被せ物の根元に金属の色が出てくる可能性があること、金属の裏打ちがあるため、透明度を出すのが難しいのです。

セレック・オールセラミック修復は、工場で作った強度の高いセラミックを使用して、強度や硬度、色調などのバラツキをなくした材料を使用しております。

そして、オールセラミックは、天然の鉱石を利用しており、従来素材の欠点を補い、金属を使わないという大きな特長をもって注目されています。

それをコンピューターテクノロジーを使い、一日で白い歯を作製しております。

通常のメタルボンドと異なり、製品による出来の良し悪しによるトラブルは、ありません。

また、歯肉が下がっても、金属が出る心配が無く、金属アレルギーの心配もありません。

オールセラミックは、自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない、強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料です。

金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという利点もあります。

セレック修復物が長期保存している訳

金属に比べて歯質と接着力が8倍も高い

その日のうちに詰め物や被せ物を製作して装着するので、歯質が汚染されることなく接着セメントの効果を最大に引き出せる状態で接着でき歯質と強力に接着します。

虫歯が再発しにくい

セレックのセラミックは硬すぎず、周りの天然歯と同程度にすり減ってくれる性質があるので、歯とセラミックの間に段差が生じることがほとんどありません。

また、治療当日に完成するので、仮歯や仮の詰め物をしないため、虫歯菌の侵入を最小限に防ぎ虫歯の再発がしにくいのです。

銀歯や保険の詰め物に比べて4倍も長持ち

天然歯と非常に近い性質を持ち、虫歯の再発になりにくく、耐久性が非常に高く、その長期耐久性は多くの論文で証明されています。

スイスのデータでは10年後の生存率が約95%、18年後の生存率が約84%、ちなみに一般的な保険修復の10年後の生存率は約55%です。


メタルインレーの平均寿命は約5.4年、CR充填の平均寿命は約5.2年なのに比べ、セレックインレーは約20年も長持ちしているケースもあります。